車買取の前に照明のレンズ部分を磨いておく

車買取の前に照明のレンズ部分を磨いておく

車買取の業者は、よく掃除を強調していますね。顧客は車を売る前に、できるだけ清掃しておいた方が良いと公式サイトで記載している業者は本当に多いです。

 

実際に清掃は、高額売却につながる可能性はあります。清掃によって車の金額が大きくアップする訳ではありませんが、印象は良くなりますね。特に車の下回りのオイルを掃除しておくのは、意外と大事と言われています。

 

他にも清掃するべき箇所があるのですが、それは車の照明の部分です。車の照明は、どう考えても大事なパーツですね。夜道を明るく照らしてくれるからです。
ところでその照明部分は、経年劣化が発生します。長い間それを用いてしまっていると、だんだんと曇ってきてしまうのです。

 

眼鏡を着用している方でしたら、ピンと来ると思います。長く眼鏡を用いていると、だんだんとレンズ面が曇ってきてしまいますね。車の照明部分も、それは同様という訳です。

 

あるオークションの代行業者では、顧客の車を出品する前に必ずそこを拭いているそうです。理由ですが、もちろん印象を良くする為です。一番気をつけているのは、曇っているか否かだそうです。透明に見えるかどうかを重視して、クリーニングをしているようですね。それを行っておくかおかないかで、車の落札率が大きく異なってくるのだそうです。

 

ですのでもしも車の照明部分を磨くようなクリーニング剤などがあるのでしたら、ちょっと車のレンズ部分はお手入れをしておいた方が良いのではないでしょうか。それで劇的に車の金額がアップする訳でもありませんが、やはり査定士に対する印象は良くなると思います。照明部分が透明になっている方が、見た目も美しいですね。

 

また人によっては、ネットオークションで車の売却を検討している方もいらっしゃるでしょう。上記で申し上げた事は、車を出品する時にも有用だと思います。